システムエンジニアの子育て

子育てや、仕事、日々の生活で感じたことを発信していきます。

カップルになる過程と就職活動は似ていると思う

季節が変わり、冬を彩る風景の一部になるカップルを見ながらふと思った。

カップルになる過程と就職は似ているな・・・」

 

カップルとは

さてカップルとはなんだろうか?

ja.wikipedia.org

wikipediaによると、「夫婦関係や恋愛関係の二人のこと」との記載がある。

カップルになるのは、相手を興味を持つことから始まると思う。

ときには、相手の興味を惹くために様々なことをすることもあると思う。

そして興味を持ち、興味を持たれ、恋愛感情が生まれ、カップル成立になると思う。

 

ではカップルが誕生するパターンにはどんなパターンがあるだろうか?

 

ケース1 気づいたら好きになっている

学校や趣味・会社などを通じて、気づいたら相手のことが好きになっているケース。

同じときを過ごして、徐々に相手のことに惹かれていくことは素晴らしいと思う。

正直理想的なケースだと思う。 

 

ケース2 合コンや、街コンなどで出会うケース

合同的なイベントに参加するケース。

多くの人と出会えるのが利点か。

合コンや街コンなどから知り合って数回デートを重ねて付き合うケース。

社会人になってからのこの恋愛はこのケースが多いのではないか。

 

ケース3 婚活サイトなどを利用するケース

婚活サイトを利用するケース。

楽天オーネットや、Pairsなどを利用する。

相手の情報を確認することができるため、結構便利。

これで結婚した友人はいる。

連絡して数回デートを重ねて付き合うフローになると思う。

 

ケース4 知人・友人からの紹介

知人や友人から紹介してもらって知り合うケース。

知人や友人と良い関係が築けているのであれば、変な人は紹介されないと思う。

結構確度は高いと思う。

こちらも数回デートを重ねて付き合うフローになると思う。

 

就活とは

就活とはなんだろうか?

企業に興味を持ち、興味を持たれ、お互いの気持ちを高めあっていき、内定になると思う。

では採用はどのようなケースがあるだろうか?

 

ケース1 気づいたら正社員

バイトで働いていて、正社員で働くことをオススメされるケース。

正社員になることで責任は増えとは思うが、慣れている仕事を続けられる、職場環境が変わるわけでもないため働きやすいと思う。

私は経験したことはないが、正直理想だと思う。

 

ケース2 合同説明会で知り合うケース

合同的なイベントに参加するケース。

多くの企業を知ることができるのが利点か。

合同説明会や企業主催のイベントで知り合って数回面接して内定もらうケース。

 

ケース3 就職サイトを活用するケース

就職サイトを活用するケース

企業の情報を知ることができるから良い。

数回の面接をして内定というフローになると思う。

就職だとこのケースが一番多いのではないか?

 

ケース4 友人からの紹介

知人や友人から紹介してもらって知り合うケース。

知人や友人と良い関係が築けているのであれば、変な企業は紹介されないと思う。

結構確度は高いと思う。

こちらも数回面接を重ねて付き合うフローになると思う。

(ほぼ恋愛の部分のコピペ)

 

フロー図で表すと・・・

大まかな流れをフローで表すと、以下のようになると思う。

フロー図

これは・・・!

もう恋愛=就活と言っても過言ではないですね。

今度からカップルが成立したら内定をとったと言うことにします。

 

まとめ

恋愛においても、就活においても相手のことを研究することは非常に大切なことだと思います。

今回はカップルになる過程と・就活にフォーカスさせましたが、おそらく様々なことが同じフローにマッチするのではないかと思っています。

相手が何を求めているのか、どういった人を求めているのかを知ることができれば確度は非常に高くなるのではないでしょうか。 

 

くだらない記事ですね