システムエンジニアの子育て

子育てや、仕事、日々の生活で感じたことを発信していきます。

格安スマホに変えてみた、利点と欠点

1年前DoCoMoから楽天モバイルに変更しました。

実際に変えてみた感覚を記載します。

変えた理由

DoCoMoで通話し放題と、2GB(これで十分)のデータ通信プランに加入していました。

私は一括でスマホを購入していたため2年間は月々4000円程度でしたが、2年の割引が切れ月々7000円ほど支払っていました。

そもそもスマホの使用頻度が低いのに、毎月この額を払っているのがもったいなく感じたためです。

(分割払いの方が割引が聞くから安いとかいう人がたまにいますが、一括で買っても割り引かれるから実質変わらないです)

格安スマホに変える理由なんて、格安になるためが大半だと思います。

 

機種

DoCoMoではXperiaを使用していましたが、格安スマホではZenFone5z変更しました。

6万という値段でしたが、ハイエンドスマホと同等レベルのパフォーマンスが発揮されるという点に興味を持ち変更しました。

ASUS製という部分で、あまり知られていないという点でもプラスでした。

背面のデザインも光が反射するデザインでスタイリッシュです。

ただ、お財布ケータイに対応していないので、ケータイで電子マネー決済したい人は微妙かもしれません。

 

 

格安スマホに変えてみて

結果としては満足です。

値段が7,000円→1,500円に変わりました。

(※楽天会員だと1年間は2Gで1,500円)

ただ、頻繁にスマホを利用する人は微妙かもしれません。

やはり、回線が圧迫される12・17・18時は結構通信が遅いです。

休日ではたまに他にも遅い時間帯があります。(15時とか)

メールやLINE、電話でしたら全く問題ないです。

 

ただ、上記微妙な点を考慮しても1,500円というやすさには変えられないです。

年間4,500円×12=54,000円の節約です。

 

また、ZenFone5zに不満はなく快適です。

 

最後に

格安スマホ変更に悩んでいる方で、通信が遅くなることを許諾できれば変更した方が良いと思います。

変更するのが早いほど節約できます。

今年の9月に大手3キャリアの2年縛り違約金も軽減されたため、検討してみてはいかがでしょうか?