システムエンジニアの子育て

子育てや、仕事、日々の生活で感じたことを発信していきます。

暖冬で雪が少ないけど丸沼に滑りに行ってきた

一時期は週1ペースで滑りにいっていましたが、結婚してからメッキリ減りました。

子供が産まれ今シーズンは無理かと思っていましたが、妻から行ってきたほうが良いと言ってくれたので滑りに行ってきました。

成人の日の三連休に一日だけ日帰りで行ってきました。

今までは東京から長野・新潟まで宿泊で行っていましたが、さすがに結婚してからは宿泊はできません。

 

場所は群馬の丸沼高原です。

www.marunuma.jp

ゴンドラがあり、一度で長距離(4km)滑ることができるのでお気に入りのゲレンデです。

夏はキャンプもすることができ、年中遊ぶことができます。

標高が高いことから夏は涼しく、冬は雪質が良いことが多いという良いことづくしのゲレンデです。

難点といえば、沼田ICから若干遠いところでしょうか。

 

事故渋滞で混雑している関越自動車道を抜け、10時頃に着きました。

10時頃についたのですが、第4駐車場に誘導されました。

この第4駐車場に誘導されたのは初で、ゲレンデの激混みを覚悟しました。

 

まず、チケットを買うのにセンターハウスの外まで並びました。

今までそこまで並んだことがなかったので驚きました。

チケットを買うことができてゴンドラに並ぼうとしたのですが、ゴンドラにも長蛇の列ができていました。

この列に並ぶことは厳しいと判断して、空席待ちレーンに並びました。

グループの場合バラバラになってしまいますが、こちらは回転が早かったため意外とすぐゴンドラに乗ることができました。

少しでも雪の多い場所狙って、このゲレンデに人が集中したのだと思います。

ホームページに「品質宣言」を掲げたのが集客につながったのでしょうか。

ゲレンデ的には大満足でしょうか。

 

今シーズンは暖冬による雪不足により大丈夫か不安でしたが、雪はそこそこありました。

地面が露出しているところもなかった気がします。

しかし、パークはまだ開いておらず、まだまだ雪不足なのかと感じました。

 

そのため、無理はせずに無難に滑っていました。

そもそも子供が産まれて怪我してはどうしようもないですしね。

 

トータル5本ゴンドラに乗って、3時頃に切り上げました。

混んでいるなか、なかなか充実した滑りができてよかったです。

帰りに温泉に入って、三芳PAで寿司を食べてと充実した一日を過ごすことができました。

 

毎年、成人の日の3連休は宿泊で滑りにいっていましたが、ここ5年ぐらいは雪不足によりパークが開いていないことも多いです。

特に今年は大暖冬により、ニュースでもゲレンデの雪不足が懸念されているとよく目にします。

この大暖冬、今年だけなら良いのですが、当たり前になる日もそう遠くないのかもしれません。