システムエンジニアの子育て

子育てや、仕事、日々の生活で感じたことを発信していきます。

降雪時に運転するならスタッドレスタイヤをはいてほしい

タイトルの通りです。

幸い今回は都心部は積もることはなかったですが、降雪時に毎回思うのが都心部は道路渋滞で全滅だろうということです。

これにより自分は対策をしていても、車を利用することを避けてしまいます。

渋滞にハマった苦い思い出

今から10年ぐらい前のことでしょうか。

友人複数人と3連休を利用して東北の方にスノーボードに行っていました。

帰宅しようとした3連休の最終日、都心部でも降雪になっていることを知りました。

当時、雪国にいた私たちは、

「こっちのほうが雪ヤバいし、スタッドレス履いているから余裕でしょ」

と高をくくっていました。

 

午前中に帰路にたったのですが、関越自動車道を走っている時も降雪は続いている状況です。

暫く走行し続け、視界も悪くなってきて心配になっていたときに、予想していない事態が発生しました。

埼玉の本庄児玉ICに辿りついたころで

「ここで出よ」

という電子掲示板が表示されていました。

f:id:yamayu1027:20200128080302j:plain

この時点でインターを降りようとする車でかなりの渋滞ができていましたが、そこまで混乱もなく下道を走行することになりました。

本庄児玉から練馬を下道で走行することになったことに若干の落ち込みはあったものの、まだみんな余裕がありました。

「夜までには帰ることできるでしょう」と話していた記憶があります。

まだ地獄の始まりだと知らずに・・・

 

下道を走行していたのですが、暫く順調に進んでいました。

しかし、次第に交通量は増えていき、信号が変わっても全く進まないという状況が発生しました。

恐らく同じような境遇の人が、都心部に戻ろうとして主要道路に車が集中したのでしょう。

この時点で私たちにも危機感が発生し、急遽ガソリンを補充しました。

東京都に入った頃にはもう日が暮れていました。

 

環状八号線(環八)に入ってからは地獄で、1時間で1cmも動かないという状況があったりました。

環八は道路に結構アップダウンがあり、坂道は雪解けでアイスバーンになっており、決まってスタックしている車がいました。

スタッドレスを履いていてもスピードがある程度ないと登りきれない状況でした。

雪道対策していない車も多く、道端には動かなくなった車が放置されている場面も多々ありました。

ときには降りて、前の車を押すという場面もありました。

 

全く車が進まないので、車から降りてストレッチしたり、コンビニにいったりしてみんな気分転換をしていました。

コンビニから戻ってきても、仮眠をしたとしても起きても、全く進んでいないのを見て絶望したのはいい思い出です。

この辺から時間の感覚が狂ってきていて、一時間があっという間に過ぎていっていました。

 

結局家についたのは翌日の12時で、前日の10時に出発したと考えると26時間ドライブをしていました。

今でも友人たちと思い出話になっています。

 

 

そもそも、なぜこのような状況が発生してしまったのでしょう。

 

雪が積もっているのにスタッドレスタイヤ(チェーン)を装着していない 

多分これが大きい理由だと思います。

1年に一回雪が降るかわからないため状況に、人々はわざわざスタッドレスタイヤを履かないでしょう。

また、雪道を走行したことがない人が多く、きっと大丈夫だろうと傲慢にノーマルタイヤで走ってしまうケースもあるでしょう。

しかし、ノーマルタイヤで走行できるほど雪道は甘くないです。

都心部の雪は湿っていることが多くかなり滑ります。

スタッドレスタイヤでさえ滑ることがあります。

1台がスタックしてしまうと、その道路は渋滞の出来上がりです。

 

ちなみに、雪道走行で対策をしていない場合は罰則となるようです。

6000円程度の罰金のようなので、それほど厳しくないようですが。

 

スタッドレスタイヤを履かないのであれば、せめてチェーンを用意してもらいたいものです。

 

そもそも除雪能力がない

道路の除雪能力がないのも挙げられると思います。

こちらも1年に降るか振らないかわからない雪のために貴重な予算は割かないでしょう。

雪国に行くと、地面からお湯がでていたり除雪車と頻繁に遭遇します。

しかし、都心部ではこういったものがありません。

除雪が遅れると溶けた雪が凍り、アイスバーンになります。

気温が低いと、路面が凍っている状態が暫く続くケースもあります。

 

最後に

26時間ドライブ以降、都心部に降雪警報が出ると極力車での外出を控えます。

もう終わりのわからない渋滞を経験したくないからです。

雪道対策しない車で運転することは、周りの人に迷惑をかけてしまうのでやめてもらいたいものです。