システムエンジニアの子育て

子育てや、仕事、日々の生活で感じたことを発信していきます。

嫁と呼ぶ人に違和感がある

私が結婚したときに、他人に自分の妻のことをなんて呼ぶか悩んだことがありました。

多分新婚の人が悩むことの一つではないでしょうか。

調べたところ「妻」が正しかったので、妻と呼ぶようにしています。

しかし、自分の妻のことを「嫁」と呼ぶ人が多いと感じています。

この嫁という呼び方に違和感があったのでちょっと調べてみました。

職場や芸能人、友人間でも多くの人が「嫁」と言っています。

そもそも「嫁」にはどういった意味があるのでしょうか?

 

嫁は字の通り、とつぐという意味があります。

家にとついできた女性のことを指すようです。

つまり、夫側の両親が「息子の嫁が〜」と話す分には正しいということになります。

嫁/娵(よめ)の意味 - goo国語辞書

 

嫁の大義語は「婿」です。

妻側が「私の婿が〜」とは言わないし、聞かないですね。

たとえ婿養子になったとしても聞かないです。

ここに違和感があるのかもしれません。

 

最近では夫も妻も対等な立場であることが多いと思います。

夫が周りの人にとつぐという意味を持つ「嫁」と使っているのを妻が聞いたときに、反感を食らうかもしれません。

現に「嫁」という言葉を嫌う女性は結構多いようです。

夫になんて呼ばれたい?妻、嫁、そして一番ムカつくのは…/女子SPA!総研 | 女子SPA!

 

「妻」と話せばどんな場でも通用するようです。

友人同士の会話など、フォーマルな場でない場合はあまり気にはなりません。

しかし、職場とか目上の人に対しては「嫁」ではなく「妻」と呼んでおいたほうが無難だと思います。

場合によっては職場の女性陣からも見る目が変わってしまうかもしれません・・・